お問い合わせ

2018年7月11日
株式会社エム・データ

エム・データ、インテージと協働で全国CMマスタを開発、販売

全国47都道府県の全地上波テレビの
「どの局で、いつ、どのようなテレビCMが放送されたか」をデータベース化

 株式会社エム・データ(本社:東京都港区、代表取締役:関根 俊哉、以下エム・データ)と株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃、以下インテージ)は、両社が保有するデータを連携し、協働で全国CMマスタを開発、販売します。なお、本サービスは、2018年10月の提供開始を予定しております。

 全国CMマスタは、全国47都道府県の全地上波テレビ(民放系列局+独立局※1)におけるテレビCMの出稿情報をデータベース化したものです。出稿情報には、どの局で、いつ、どのようなテレビCMが放送されたかといった情報が含まれます。これにより、テレビCMの出稿調査や競合CMの分析が全国レベルで可能になるとともに、インテージから提供中のスマートテレビ視聴ログ(Media Gauge© TV)との連携により、全国でのテレビCM接触実態(接触率、接触回数)も把握できるようになります。
 また、全国CMマスタと、インテージが提供しているSRI©(全国小売店パネル調査)およびSCI©(全国消費者パネル調査)のベースとなる商品マスタ(商品情報データベース)との連携も可能です。これにより、商品の販売、購買実績とテレビCMの放送実績を紐づけて、テレビCMキャンペーンの効果測定にも活用することができるようになります。

※1 民放系列114局と、独立局13局の計127局を対象



■ 全国CMマスタのデータ連携、活用イメージ



■ 協働の背景

 テレビCMの出稿情報を、全国すべてのエリアで自社・競合含めて把握したいという広告主様のニーズは、以前から多くありました。
 テレビ放送の放送実績のデータベース「TVメタデータ」を保有するエム・データと、生活者のあらゆる側面を捉える豊富なデータと情報整備のノウハウを持つインテージは、両社の保有するアセットを活用し、こういった広告主様のニーズに応えるソリューションとして全国CMマスタを協働で開発しました。全国CMマスタでは、エム・データが保有するテレビCMメタデータ※2と、インテージが保有する全国の調査員網を活用し収集した全国テレビCM放映時点リスト※3を連携させることにより、全国のテレビCMの出稿情報が網羅され、一覧化されます。※4


※2 テレビCMの放送内容(企業名、商品名、放送日時、出稿秒数、出演タレント、コピー・ナレーション等)をテキストデータベース化したもの。
※3 2018年3月プレスリリース(インテージ発表): https://www.intage.co.jp/news_events/news/2018/20180316.html
※4 地方局のみで放送されるローカルCMは別途CM素材データをいただければ対応可能です。



■株式会社エム・データが提供する「TVメタデータ」とは?

関東・中京・関西エリアのテレビ局で放送されたテレビ番組やテレビCMを、テキスト化・データベース化して「TVメタデータ」を構築しています。エム・データのデータセンターでは常時40名前後の専属スタッフが24時間365日「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「何秒間」放送されたかを、エム・データオリジナルのデータ収集システムを使用しデータの生成を行なっております。TVメタデータは主に4種類に区分し、「①番組データ(番組放送内容)」「②CMデータ(広告出稿内容)」「③アイテムデータ(番組で紹介された商品情報)」「④スポットデータ(番組で紹介された店・宿・観光地等の情報)」で構成され、ローデータサービスの他に、ランキングコンテンツや調査・集計・分析等のレポートサービス、分析結果を基にしたコンサルティングサービス等があります。

■インテージが提供する「Media Gauge© TV」とは?

複数のテレビメーカーから収集した、ネットに結線されたスマートテレビと録画機の視聴ログをクレンジングし、統一フォーマットで標準化・構造化した視聴データです。都道府県別にとどまらず、一部エリアでは市区町村別でもデータを見ることが可能です。各放送局別(地上波・BS・CS)、各地域別(市区町村など)に、15秒単位でテレビ番組やテレビCMの視聴行動を把握することができます。

■インテージが提供する「SRI©(全国小売店パネル調査)」とは?

国内小売店パネルNo.1※1 のサンプル設計数とチェーンカバレッジを誇る、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア、ドラッグストア、専門店など全国約4,000店舗より継続的に、日々の販売情報を収集している小売店販売データです。

※SRIでは、統計的な処理を行っており、調査モニター店舗を特定できる情報は一切公開しておりません
※1 2018年3月現在

■インテージが提供する「SCI©(全国消費者パネル調査)」とは?

全国15歳~79歳の男女52,500人の消費者から継続的に収集している日々の買い物データです。食品、飲料、日用雑貨品、化粧品、医薬品、タバコなど、バーコードが付与された商品について、「誰が・いつ・どこで・何を・いくつ・いくらで、購入したのか」という消費者の購買状況を知ることができます。

※SCIでは、統計的な処理を行っており、調査モニター個人を特定できる情報は一切公開しておりません
現時点では60代までのデータ提供を基本サービスとさせていただいております。ご要望に応じて70代のデータを追加いたします

■株式会社エム・データについて

株式会社エム・データ(本社:東京都港区、代表取締役:関根 俊哉)は、テレビ放送(番組およびCM)の放送実績を独自にテキスト化したデータベース「TVメタデータ」を生成して、調査・分析・配信を行っている、2006年に設立されたデータプロバイダ・リサーチカンパニーです。2014年1月に、民放キー局(在京5局)等と資本提携し、デファクトスタンダードなデータベースを構築しており、主なサービスには、番組やテレビCMの放送内容を詳細に記録した「TVメタデータ」を提供する「①データ配信サービス」、お客様のご要望に応じて調査・分析を行なう「②放送実績調査サービス」、放送された話題を露出・報道量等で集計したランキング形式で配信する「③ランキングサービス」、「TVメタデータ」を基点としたビッグデータ解析ツール「④TV Rank」の提供や企業のマーケティング支援、メディアコンサルティング業務等があります。

■株式会社インテージについて https://www.intage.co.jp/

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、「Create Consumer-centric Values ~ お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、様々な業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、ともに生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点に立ったマーケティングの実現を支援してまいります。

■報道機関からのお問い合わせ先

■株式会社エム・データ 広報担当:長谷(はせ)/上田(うえだ)
 TEL:03-3519-7060
 サイト「お問い合わせフォーム」 http://mdata.tv/inquiry/

■株式会社インテージ 広報担当:星(ほし)/小林(こばやし)
 TEL:03-5294-6000
 サイト「お問い合わせフォーム」 https://www.intage.co.jp/contact/



  • エムデータ公式ブログ メタラボ
  • Life Log Lab.
  • i-catch
  • MetaTV

sns

  • Facebook
  • Twitter

先頭に戻る